Viperの部屋

機体格納庫に戻る

 クラブでパイロンレースごっこが流行っています。もともとフタバ新年飛行会に向けた練習なんですが、競走するのは楽しいですからね。
皆さんモーターやらプロペラやらを工夫してスピードアップを図っていていますが、**爺がやたらと早い機体を作ってきたんですよ。この機体にどうしても勝てない。なんでだー!

 というわけで、小ぶりで軽量の機体にKVの高いモーターを積んで殴り込みをかけます。 打倒、**爺!
  スペック
翼幅     810mm
全長     634mm
飛行重量  538g476g512gでした。
翼型     E226 10%

モーター   A2212 KV=2200 2450
バッテリー  3セル 2200mAh 1300mAh 1500mAh
プロペラ   APC 6x5.5E
サーボ    EMAX ES08MDU(エレベータ、ラダー)
             ES3351(エルロン)

フルハイで27.5 31 37Aでした。大丈夫か?

飛行記録
 2018年2月28日
 ついにGさんと決戦しました。飛ばしているおいら的には早いと思っていたのですが、ギャラリーは遅いとの判断。しかも、またモーターマウントが壊れました。

 アルミスピンナーも入手できたので早速改造しました。
 まず、機首先端のバルサ部分はバッサリ切り落としてモーターマウントのベニヤを露出させます。何とベニヤはネジが半分食い込んでいました。当然ベニヤの繊維は破壊されていて、ねじは全く効きません。エポキシで固めればいいかと思っていましたが、方針変更します。今のモーターマウントは大きく穴を開けて、前方に新しいモーターマウントを作ります。モーターマウントは0.5mmのグラス板を貼ってネジが食い込まないようにします。実際、スピンナーを取り付けようとすると、ネジの頭が邪魔するのでネジはサラネジとして埋め込みました。
 
ちょっと大胆な改造だったので、フィルムを貼りなおしてもちょっと目立ちますが、飛んでりゃわかりません。
後はGさんと対決のみ!
 2018年2月24日
 ネジロックでモーターを固定することの確認と、ピッチングの不安定さの確認のために飛ばしてきました。

 まずピッチングですが、ハンドランチで似たような経験があることを思い出し、主翼の迎え角を追加してみようと思いました。確認ですから1mmバルサをテーパーに削って挟むだけですが、これで迎え角は0.3度ほど付きます。
 この状態で中スローで水平、背面、ループ、ロール、などやってみましたがいい感じです。やっぱり迎え角がマイナスになっていたのではないか?と思います。

 次に振動問題ですが、フルハイにするとやっぱり異常音が聞こえました。ただ、前回のように回らなくなったりガラガラ音はしませんので安心して着陸ができました。
 確認してみると、ベアリングは飛び出していませんが固定のネジは緩んでいます。地上で回してみると、フルハイ直前まではきれいに回るけど、フルハイにすると突然大きく振動します。調べると、スピンナーコーンが原因と分かりました。樹脂製コーンのバランスが取れていないのでしょう。
 試しにコーンを取って飛ばしてみると、フルハイで飛行できます。これなら早い!Gさん、かかってこい! でも、ちょっと飛行が不安定なんです。やっぱりコーンがないと空気抵抗が増えるんでしょうね。

 というわけで、アルミスピンナーを手配しました。以前ミニモ3で実績のあるスピンナーです。ただ、形状が異なるので機首を改造する必要があります。モーターマウントがちょっと弱っているので強化するにもいいかもしれません。

 2018年2月20日
 修理の確認で飛ばしてきましたが、惨敗でした。

 昨日と全く同じで、中スローでは問題なく飛んでいましたが、フルハイにしたら再び変な音がしてパワーダウンしました。今度は着陸進入に注意したので失速は免れました。
 原因を確認してみると、モーターのベアリングが飛び出しています。このため振動したり、モーターが回らなくなったりしたと思います。また、この振動のため、固定のネジが緩んでいました。
 対策はネジロックを使います。さらに、固定ネジはワッシャーを使用してベニヤが凹まないようにします。

 悔しいですねー、またGさんに笑われてしまいました。待ってろよー、明日こそやっつけてやる!
 2018年2月19日
 昨日の改造を確認してきました。
 まず消費電流ですが、37A流れます。大丈夫か?でもやってみるしかありません。

 はじめはおとなしく飛ばしたのですが、中スローでも早いのが分かります。1/3くらいで飛ばしています。重心は良くなったようです。エルロンの効きは短くしてちょうどよくなりました。それじゃフルハイで!とやってみたら何やら変な音が!! 脱調したみたいです。あわててスロットルを下げて緊急着陸態勢に入ります。
 着陸コースに入ったのですが、ちょっと高いのでやり直そうとターンしたら失速、頭から墜落です。やっちまった!この機体は翼面荷重が高いので、低速のターンは禁止ですが、着陸を焦ってしまいミスしました。

 被害状況は、主翼のダウエルが折れ、主翼が回転したため、胴体が少し凹んでいます。スピンナーが胴体に押し付けられています。エアインテークが壊れてフィルムも剥がれています。ダウエルが折れたのは痛いですが、そのほかは軽症です。スピンナーがくっついたのは、モーターシャフトが押し込まれたためでした。脱調みたいな音は、モーターの取り付けネジが緩んでいたので、モーターが振動した音だったかもしれません。モーターマウントに瞬間を流して固めました。

 修理は割と簡単でした。墜落したとは分かりません。明日もう一度確認飛行します。
 2018年2月18日
 惨敗した「打倒G号」ですが、改造パーツをゲットしました。
 バッテリーはダイノジー1500mAh 30C。 これは今うちのクラブで一番人気で某老舗ブランドのHVよりもパンチがあって熱を持たないと評判です。モーターはKV2450です。KV2700というのもゲットしてあるのですが、クラブ員の情報では2450の方が速そうです。アンプは30Aから40Aに変更、また、搭載方法も変更してコードが短くなりました。
 機体側の改造としては、胴枠を削ってバッテリーを20mm後ろに移動しました。また、エルロンを短く切り離しました。
 
 以上の結果、飛行重量は512gになりました。
 2018年2月15日
 打倒G号、惨敗でした。自分では早いと思っていたんですが、全然ダメでした。
 敗因は、バッテリーが3年落ちで元気がないこと、ピッチスピードがGさんより低いこと。補助的要因として、重心が前すぎること、エルロンが効きすぎることです。
 これらを一気に改善すべく、改造パーツを手配しました。
 2018年2月14日
 今日は風も弱く、絶好の飛行日和でした。今日は1300mAhのバッテリーを使用します。

 昨晩のうちに脚のトーインを直しておきましたので、滑走もまっすぐ進みます。エルロンとエレベータの舵角をプロポで80%に落としていますが、やっぱりクイックです。もっと舵角を小さくしないといけません。ターンで頭を下げる傾向は大分改善されていますが、まだ背面飛行では頭を下げますので、重心はまだ前すぎです。風切り音が昨日より小さく感じますが気のせいかな?
 バッテリーを軽くしたことによる飛びの違いなのか分かりませんが、ずいぶん飛びが素直になったように思います。これは風がない事も大きいと思います。逆に言えば軽い機体なので風の影響を受けやすいと思います。

 着陸は癖が分かりましたので少し遠くから侵入態勢に入りました。あまり上手とは言えませんが、無事帰還です。モーターとバッテリーに触ってみましたが、ちょっと温度が上がっています。エアインテークは付けましたが、実は排気穴が開いていません。胴体の後に穴を開けました。

 今日のところはまだ楽しい機体に仕上がっていません。あとは舵角の調整と重心の調整ですね。

 ピッチスピードを調整できないか、プロペラを検討したのですが、現状がベストみたいです。改めてバッテリーを新しいもので測定してみたら、だいぶ大きく出ました。
      6x5.5E = 31A (先日は27Aでした)
      7x6E   = 42A (これは大きすぎ)
 2018年2月13日
 初飛行しました。天候は晴天ですが、冷たい風が2〜3m吹いています。方向が定まらず、ちょっと嫌な風。
 まず消費電流を測定。フルハイで27.5Aでした。敵はKV=2700で35Aくらい流しているらしいので、ちょっと少なくて不安があります。

 飛行前に舵の方向を確認。おっと!エルロンが逆です。確認して良かったー!
 地上滑走に問題がありました。グランドループでまっすぐ滑走できません。脚が逆ハの字に開いているのが原因でしょう。それにピアノ線が細いので草に負けてしまうようです。何度か繰り返し、きわどい姿勢で何とか離陸。

 離陸の瞬間、頭が重いな、と感じます。とにかく上空でエレベータトリムを合わせます。エルロンが効き過ぎのような、風にあおられているだけのような、何とも不安定な飛びです。とにかくトリムは合ったのでフルハイでパイロンターンをやってみます。エレベータの効きは良い感じ。でもやっぱりエルロンは効きすぎ。スピードは速いと感じます。風切り音が思いのほかおおきい。エアインテークのせいでしょうか?
 風を受けるせいか、サイドスリップみたいな飛びで、どうにも気持ちよくありません。早めに降ろそうと着陸態勢に入りますが速度が全然落ちなくて、進入を3回ほどやり直し。無事に着陸できましたが、楽しい飛行ではありませんでした。

 明日はバッテリーを1300mAhにして、脚のハの字を修正して再挑戦します。おっと、エルロンの舵角も小さくしておきましょう。

製作記は別館に移動しました。