CriCriの部屋

機体格納庫に戻る

 クリクリの特徴は何といってもカタツムリの目のように飛び出した2つのエンジンナセルです。これをアンダー200で作るとなると、双発なので重量的に不利になります。その上、大きなキャノピーも重量的には不利ですね。
 最大限の軽量化を図る必要があります。
 スペック

翼幅      80cm
全長      62cm
重量      204g 残念! アンダー200ならず

モーター    CT1811 KV=2900
プロペラ    GWS EP4040 EP4025 外形をEP4040と同
        じ先細り形状にしたもの
アンプ     HORNET 6A
バッテリー   2セル 500mAh
受信機     フタバ R6106GF
サーボ     EMAX ES9051



フルハイで11.3Aも流れたため、プロペラを変更しました。
EP4025改で 7.7Aでした。

後ろ姿です。本当はもっと飾り付けたいのですが、200gを超えてしまったので自粛しました(笑)

横から。クリクリの文字と「こおろぎ」のマークはシール印刷です。
  
 
飛行記録
 2019年11月23日
 初飛行前に修正が入りました。
 モーターを回してみると振動が大きく、特に左右が共振したように「唸り」を生じます。プロペラをぐりぐり押してみると明らかに動くのが分かりましたので、モーターマウントの強度不足が疑われます。モーターを取り外して調査して見ると、モーターマウントの取付ねじが短くて十分にベニヤに食いついていません。重さを考えてねじが小さすぎたようです。
 対策は取付ねじをひと回り大きくしたことと、ねじ穴を瞬間で補強しました。結果は完ぺきとは言えませんが、振動は大きく改善されています。これ以上の改善は、モーターポッド取付の「柄」を補強する必要があると思いますが、そこまではやりません。

 なお、ついでにポッドの後ろのコーンを少し大きくしました。かっこよくなったと思います。
 2019年11月30日
 初飛行しました。天候は晴れ、北風が1~2mで初飛行はどうしようかな?という感じでした。

 各舵の方向を確認、後ろから見て主翼のねじれを確認、重心はスパーの位置です。
 少し風が弱まったタイミングを見計らって滑走開始。草で跳ねながらもほぼまっすぐ数m走って軽々離陸。パワーが余っています。上昇しながらもフラフラ感は否めませんが風があるせいだと思います。浮きすぎなのでかなりエレベータトリムをダウンしました。エルロンはノートリムです。
 風があるとはいえ、どうも不安定でいけません。また舵が効きすぎます。エレベータトリムといい、重心が後ろなのかな?と疑われますが、アップアップした感じはないので判断が難しいです。胴体というかキャノピーが大きいため、向かい風になると速度が低下します。ミス ポニーもそうでしたが、太い胴体の機体は風に弱いと感じます。
 モーターの振動は飛ばしているとあまり感じません。パワーに余裕があるため中スローで飛行しているためと思います。残念ながら共鳴音も感じません。そもそも音が小さい。

 上空旋回を数回繰り返して着陸に入ります。着陸は浮きが良いため楽でした。スロットルを絞ってもなかなか降りてこない、そうBD-5もこんな感じだったな、と思います。きれいな接地ができました。

 無事帰還できましたので初飛行としては成功ですが、エレベータトリムが大きくダウンなのはいけません。重心で調整できると思います。
 2020年9月13日
 AOFC飛行会で飛ばしてきました。考えてみれば初飛行以来か?
 曇り空でしたが風も弱く、小型機には絶好の飛行日和でした。はじめに前輪が少し曲がっていたので修正、真っすぐ滑走していきます。きれいな離陸。初飛行で感じた舵の効きすぎは全く感じません。これいいわ!
 上空では全く不安定さがなく飛ばして気持ちいいです。パワーも十分ありますし、双発の共鳴音も聞こえます。 が、モーター音そのものが雑音っぽいのであまりきれいじゃない。上空旋回とローパスを繰り返しますが、パイロットが載ってるので雰囲気がいいです。このパイロットは気に入っていて、すでに4人くらい載せたかな?
 ちょっと軽くアクロでも、と思いループとロールをやってみました。ループはきれいな円を描くことができました。ロールはエレベータ操作が荒っぽくて芯が通りません。
 着陸はやっぱりすぐに降りてきませんね。浮きがいいと思います。主翼が小さいのですが、胴体が太く平面なので翼の代わりになってるんじゃないでしょうか?エレベータ操作よりもスロットルを絞ってゆっくり降ろしてきたのですが、最後に失速、ちょっとハードな接地でした。

製作記 

初めに材料をレーザーカットしました。1.5mmバルサが3枚、2mmバルサが3枚、3mmバルサが2枚、1.2mmベニヤが2枚です。

胴体側板の前半部分は2mmバルサですが、機首を絞るため、曲げても歪が出にくいようにバルサの目を立て目にします。

胴体後半は2mmヒノキ棒を組み立てます。原寸図面の上で組み立てますが、曲がりに気を付けます。曲がってしまったら接着をはがしてやり直しましょう。

左右2枚の胴体側板ができました。同じ大きさであることを確認します。ヒノキ棒の後ろ端部には補強のためにスクラップバルサを接着しました。

胴枠を組み立てます。直角平衡になるようにジグを使いました。張り合わせ面積が大きくなるようにかぎ型の接着面になっています。

張り合わせ面は隙間が空いてしまいますので、バルサの粉をすりこんで瞬間で接着しています。

胴体を組み立てます。まず同枠F3とF4を側板に垂直に立てます。
  

反対側の側板も垂直になるように接着します。ここで胴体がねじれないように注意が必要です。

F1とF2をテープで仮止めし、Lアングルで胴体後部を挟んで直線を出します。原寸図面の上で機首側の曲がりをチェックします。

胴枠F6とF7はヒノキ棒を突っ張らずかつ緩くない絶妙のはまり具合で接着します。もし側板が曲がってしまったら、ヒノキ棒をはがしてやり直します。

F6とF7の組み立てが完了しました。ヒノキの接着は高粘度瞬間を使います。さらに補強のためバルサ粉を盛って瞬間で固めてあります。

機首底面のプランクは、軽量化のため組み立て式にしました。またこの底板は側板のカーブを調節するためでもあります。

機首の胴枠F1は側板を絞るため、どうしても接着面が小さくなります。補強のためスクラップバルサを貼りました。

続いて胴体上面のプランクを接着しました。バルサ板の大きさの制限によりプランク材は4分割されています。  

設計をミスしたようで、長さが3mm程足りませんでした。
  

さらに、バルサの目が縦目なので反りが出てしまったので、抑え込むためにヒノキ棒を接着しました。これはバルサの目を変えるべきでした。

バッテリートレーを接着しました。
  

しかし大きいです。アンダー200で一番大きいウイルガと比べてもこの通り。やばいよやばいよ!

脚の取り付け部分を組み立てます。長方形は主脚、台形は前脚です。前脚はステアリングしません。

胴体へ接着は瞬間接着剤を使いました。軽量なのでこれで十分です。
 

垂直尾翼を組み立てます。垂直尾翼は中にエレベータのリンケージを通すため、2mmバルサを3枚重ねとし、真ん中の板は溝を掘ります。

組み立てた垂直尾翼とラダーです。
 

エレベータのリンケージはこのように通します。リンケージは直径1mmのポリイミドチューブにギター弦を通したものです。

水平尾翼を組み立てました。垂直尾翼も同様ですが、レーザーの焦げの分だけ隙間が空きますので、バルサの粉を擦りこんでから接着しています。

断面が「なんちゃって翼型」になるようにサンディングしました。写真は水平尾翼ですが、垂直尾翼も同様です。

仮組してみました。いい感じです。
 

キャノピー底板を組み立てて(写真を忘れた)、枠C2、C4をジグで傾き角度を決めながら接着します。きゃしゃに作りすぎて歪みやすくて大変でした。

キャノピーを所定の位置(設計ミスで位置決めがなかった)に仮止めし、それを基準に枠C1、C5を接着します。

設計ミスで枠C1、C5のほぞがなかったのでカッターで穴をあけました。また、これだけでは接着が弱いので3mmバルサ三角片で補強を追加しました。

前方のC1はストリンガーがなくて強度不足だったので追加しました。
 

後方には背骨C9を取り付けてから、枠C6、C7を接着します。これもプランクにほぞがなかったのでカッターで掘りました。

モーターマウントを作ります。クリクリはカタツムリの目のように胴体から長い柄を伸ばしてモーターがついていますので、その基準となるパーツの写真です。

モーターマウントの柄の部分はバルサで四角い箱を作って、空洞部分にモーターのリードを通す設計です。

モーターを囲むように内径24mmのバルサの筒を作ってモーターマウントに接着します。側面に穴が開いていますが、モーターのリードを出します。

仮組してみました。やはり双発は重いです。この状態で34gあります。正面から大きな穴が見えますが、スピンナーで隠します。

モーターの後ろにはブルーフォームでコーンを作って取り付けます。スピンナーナットはバルサで大きめのものを作ります。正面の穴も目立たないでしょう。

カタツムリの目玉の取付ですが、まじめに考えていませんでした。どうしても胴体の天板に穴をあけるしかないですね。

機首ブロックの工作と合わせて、穴をあけて取り付けてみました。機首ブロックはブルーフォームです。

機首ブロックのサンディングと、カタツムリの目のアライメントを調整しました。アライメントは、スコヤでポッドの前後左右の高さを何度も測って調整しました。

エンジンポッドの後ろの整流ブロックです。これもブルーフォームにしました。
 

ジグに取り付けたうえでルーターにくわえてサンディングしました。あまり強く削ると振動して変形しますのでゆっくりとね。

ポッドに取り付けてつながりを微調整します。蓋は3mmバルサをカタツムリの目の柄にぴったりはまるように調整して取り付けます。

主翼の組み立てをします。スパーやリブにはほぞが切ってありますので、丁寧にはめ込めばここまでは接着不要で組みあがります。

写真を撮り忘れて工程が進んでしまっている写真ですが、ほぞを組み立てた状態で曲尺で直角を確認しながら瞬間を流して接着しました。

エルロンも同様に組み立てます。
 

直角の補強のために、小さな三角コーナー材を接着しています。
 

これも工程が進んでしまった写真ですが、主翼の組み立てが完成しました。後縁を薄く削ったり、前縁を丸く削ったりしてあります。

主翼付け根にはベニヤのリブR1を接着しました。写真には写っていませんが、かんざし受けのベニヤパーツをリブR4に接着してあります。

エンジンポッドの正面が大きく開いたままなのはやっぱりかっこ悪いので、蓋を作りました。このパーツははめ込み式で接着しません。

主翼を取り付けてみました。思いのほかかっこいい! なお、この状態でメカを抜いて量ると65gです。軽いのか重いのか?

いよいよキャノピーです。時々質問をいただきますが、現物合わせで作るって、どうやるの?というのですが、このように紙で何度も微調整を繰り返します。

5回目の調整で終了とします。なお、型紙ははじめはコピー紙ですが、ある程度決まってきたら画用紙、ケント紙と厚いものに変えていきます。

型紙に合わせて1mmバルサで作りましたが、どうもうまく合いません。バルサは木目がありますからね。真ん中で2分割したうえで微調整しました。

後ろも同様に型紙を作って1mmバルサを切り出しました。後ろははじめから2分割でしたので合わせは簡単でした。

キャノピーの工作です。塩ビ整形しますが、型はブルーフォームで作りました。バルサで作るのが普通ですが、大きいのでコストカットです(-_-;)

ブルーフォームの整形が済んだらパテを塗りこんで表面をつるつるに仕上げます。
  

脚を作りました。前輪はステアリングなしです。トーションバーが二股ですが、白いカバーのところで半田付けしています。1.2mmのピアノ線です。

以上で生地完です。キャノピーが大きいですね。この状態で120gですが、キャノピーはこの後で塩ビ整形しますので、少し軽くなります。。

切り代が必要なので、周囲に3mmバルサを貼りました。改めてパテ塗とサンディングを行いました。

キャノピーの材料はPVCのシュリンクチューブです。隙間にスクラップバルサを詰め込んでいますが、どうしても縮まない部分は手で引っ張りました。

型から外して枠に取り付けました。接着剤は手芸用ボンドですが、乾けば透明なので、はみ出しも気になりません。この状態で重さは10gでした。

機体に乗せてみると微妙に隙間や飛び出しが見られたので微調整しました。真ん中に白い筋が見えますが、チューブの折り目です。

実はキャノピーの固定方法は考えてありませんでした。いろいろ考えた末、普通にマグネットとかんざしで固定することにしました。

キャノピー側はマグネットが飛び出しています。この飛び出しは横方向を押さえる役目もあります。マグネットは直径5mmのネオジです。

前方のダウエルは普通ならカーボン棒などを穴にさしますが、枠が細くて棒がさせなかったので、0.5mmのピアノ線を曲げてエポキシで接着しました。

キャノピーを胴体に乗せてみたら、ダウエルが隙間でガタガタでしたので1mm厚のゴムシートを貼ってみました。いい具合に押さえが効きます。

エルロンサーボの搭載は、0.5mmの塩ビ板にバルサブロックを張り付けて、サーボをねじ止めします。塩ビ板はサーボマウントにねじ止めです。

懸案の主翼抜け防止ですが、薄いアルミ板をサーボリード出口に取り付けました。
  

胴体側にバルサブロックを貼り、ねじ止めします。
  

いよいよフィルム貼りを開始します。はじめに垂直尾翼の中にリンケージロッドを組み込んでおきます。

メインギヤには脚カバーを付けます。1.2mmベニヤにフィルムを貼ってからアイロンで曲げ癖をつけ、スーパーXで接着しました。

キャノピーの縁もフィルムを貼ると接着剤のはみだしが目立たなくて良いです。キャノピーは熱に弱いのでアイロンは低温よりもさらに低温です。
フィルム貼り工程省略(写真がありません) 

組み立てに入ります。エルロンは少しでも実機のデザインに近づけるためフィルムヒンジとしました。テープよりもしっかり接着できるようです。

エルロンリンケージしました。クレビスは何時ものMPJマイクロ。サーボホーンは舵角を押さえるため5mmに穴をあけています。

モーターの配線は面倒です。電源は2個まとめてXT30にはんだ付け。BECが2重になるのを防ぐため、一方のサーボコネクタの電源を抜きました。

リンケージのため、胴体下面のフィルムは後回しになっています。エレベータのリンケージは細いため、バルサでガイドを作ってぐにゃぐにゃを防止しています。

組み立てが終了しました。
  

メカ搭載の様子。重心はバッテリーをやや前に積んだだけで合いました。思ったより後ろが重くなったということです。
以上で完成しました。
反省点
良かったこと
(1)双発という重量的に不利な機体に挑戦しました。200gを切ることはできませんでしたが、いろいろノウハウを得ることができました。
(2)主翼抜け防止の新しい構造を考案できました。
(3)シュリンクチューブで大きなキャノピーを作ることができました。

悪かったこと
(1)詳細設計に手抜きが多く、現物合わせが増えました。
(2)CRICRIの文字はフィルムに印刷しましたが、あまりきれいではありませんでした。レーザカットのほうが良かったと思います。
(3)キャノピーの固定方法はもう少ししっかりしたものにしたかったです。